ホーム > ITで経理合理化 > 登記簿謄本をインターネットで申請取得する方法

登記簿謄本をインターネットで申請取得する方法

【 2015年6月 5日 松田税理士事務所】


E-mail
@lovebeer

 本日のエントリーは、インターネットで法人の登記簿謄本を取得する方法を解説していきます。例えば、支店開設や何らかの届出の際に、添付書類として謄本を要求される場面は多々あります。

その都度、法務局に足を運んでというのは非常に面倒です。私の事務所のある豊中市だと、オンラインで午前中に申請すると、翌日にはポストに投函されています。
 まずは、登記・供託オンライン申請システムにアクセスします。

*初めて利用する際は、「申請者情報登録」からIDとパスワードを取得してください。(登録方法につきましては、本エントリーでは割愛させていただきます。)

【STEP1】かんたん証明書請求をクリックします。



【STEP2】交付請求書(登記事項証明書)をクリックします。




【STEP3】オンライン 会社・法人検索を使う、をクリックします。。





【STEP4】必要事項を記入、チェックして検索をクリックします。





【STEP5】該当の法人が表示されていることを確認して、追加をクリックします。





【STEP6】該当の法人が表示されていることを確認して、確定をクリックします。





【STEP7】証明書交付請求画面に直接反映する、にチェックされていることを確認して確定をクリックします。





【STEP8】必要事項が表示されていることを確認して、枚数を入力します。





【STEP9】次へをクリックします。





【STEP10】表示内容を確認して、次へをクリックします。速達を希望する場合は、速達区分を「速達」にします。





【STEP11】表示内容を確認して、確定をクリックします。





【STEP12】表示内容を確認して、確定をクリックします。





【STEP13】表示内容を確認して、送信実行をクリックします。





【STEP14】表示内容を精読して、処理状況を確認するをクリックします





【STEP15】到達通知、というボタンが表示されます。クリックして内容を確認します。





【STEP16】10分後くらいに「納付」というボタンが表示されます。





【STEP17】電子納付をクリックします。金融機関を選択してインターネットバンキングから納付します。





【STEP18】ペイジーにて納付が完了すると取引完了内容が表示されます。(下図は、三菱東京UFJ銀行の場合です。)




1~2日後に、郵送で謄本が届きます。どうしても当日に必要でない場合は、オンライン請求が非常に便利でお勧めです。




最新のエントリー

カテゴリー


最近のコメント


月別アーカイブ

Sponsor


リンク

税理士 豊中