味の素 クノールカップスープは本当に「遺伝子組み換えでない」のか?




DSC_1402

フランスのニュース番組「フランス2」でアメリカのモンサント社の遺伝子組み換え作物についての放送がありました。簡単に要約すると、「アメリカのモンサント(Monsanto)社の遺伝子組み換え作物について、危険性の可能性があるのでできるだけ食べないように」という内容。欧米では、日本と比べて非常に厳しい遺伝子組み換え食品の規制が強まっています。

遺伝子組み換え食品は、特にとうもろこし(スイートコーン)や大豆での栽培で多く行われているとのこと。遺伝子組み換え作物なら、農家にとっては低コストで栽培が可能になるので農業経営にメリットがあります。遺伝子組み換え作物を使うことにより。農家の利益は上がるが、消費者にとっては健康に悪影響を及ぼすとの内容でFrance2では、かなり批判的に放送していました。

味の素 クノールカップスープのスイートコーンは「遺伝子組み換えではない」の表示がない疑問

私は冬になると味の素のクノールカップスープをよく飲みます。体が温まり、非常に美味しいからです。そして、ポタージュスープの主な原料はスイートコーンです。つまり、とうもろこしです、気になったので、商品パッケージを見てみると、スイートコーンに「遺伝子組み換ではない」の表示はありません。心配になり、味の素のサイトを見てみると、クノール製品専用ページがあり、クノールカップスープのスイートコーンの産地は、北海道産であることが強調されている印象の強いページがありました(これだけみてみると、クノールカップスープのスイートコーンは一部外国産で、ほとんど北海道産産なんだなと思ってしまいます。)。

しかし、肝心の「遺伝子組換え」のことについては、一切どこにも記載がありませんでした。サイト内のQ&Aで遺伝子組み換えのことを探しましたが、やかり味の素はそのことには一切触れていません。

生産者検索のページはエラー→その数日後に一部のみ検索可能に。

サイトをいろいろ見ていると、パッケージに記載されている消費期限から産地を検索できるページを見つけました。これで解決できると思いました。そして、消費期限を入力してみるとなぜかエラー表示。一時的なエラーと思い、数日後に再度試してみると、またエラー。仕方なく、電話で問い合わせてみると、電話に出てくれた担当者は「確かにエラーになっていますね。調べてまたかけ直します」とのこと。

数時間後に折り返しかかってきた電話の内容に思わず耳を疑ってしまいました。「確かにエラーになっています。しかし、現在のところエラーを修正する予定はありません。」とのことです。つまり、味の素は、生産者検索のページをエラーのまま放置するというのです。非常に驚きました。そこで「検索できなければ意味が無いのでページ自体を削除したらどうですか?」と言うと「お客様の声として承っておきます。」との回答。

再度、数日後(H29.11.28)に生産者検索のページを訪れてみると、先日(H29.11.14)はなかった「※一部製品についてはシステムメンテナンス作業のため、生産者情報が検索できない場合がございます」と表示されていました。先日は「修正する予定はありません」と言っていたにも関わらず、わずか数日で一部が修正されたのか? しかし、なぜ一部だけなのか? その他の生産者を検索不可にしている理由はなんなのか?腑に落ちない気持ちが募るばかりです。いったいいつまでこのメンテナンス作業が続くのでしょうか?

北海道産と海外産の比率は非公表

生産者検索のページがエラーなので、担当者が電話での口頭で、消費期限から生産地を教えることは可能とのことでした。私の購入したクノールカップスープの消費期限を電話口で言うと、生産地を教えてくれました。「お客様の購入したクノールカップスープのスイートコーンの生産地はオレゴン州です」との回答。てっきり北海道とばかり思っていたので、少し驚きました。

そこで、「いったい味の素のクノールカップスープのどれくらいの比率が北海道産なのですか?」と聞いてみました。あれほどにサイトで北海道産をアピールしているので、ほとんどが北海道産なのと思っていると「非公表です」の一点張りでした。言えないということは、あまり北海道産の比率が高くないのではと邪推してしまいます。

アメリカではクノール製品にモンサント社(Monsanto)が使われている?

グーグルで「knorr monsanto」(クノール モンサント)で画像検索(結果はこちら)すると、モンサント社のボイコット商品の一覧にクノールのロゴを見つけることが出来ます。つまり、アメリカではクノール製品にモンサント社の農作物が使用されているのです。どうにも気持ち悪くなり、私が購入したクノールカップスープ、かなり残っていましたが廃棄してしまいました。

スイートコーンは遺伝子組み換えではない、ただし、クルトンは遺伝子組み換え食品

その際の電話問い合わせで「クノールカップスープのスイートコーンは遺伝子組み換えではない」「ただし、クルトンは遺伝子組み換えの大豆油を使っている」とのことが分かりました。味の素は、クノールカップスープのスイートコーンが遺伝子組み換えではないのなら、パッケージに「スイートコーン(遺伝子組み換えではない)」ときちんと記載すべきだと思います。なぜ記載しないのでしょうか?記載できない理由があるのでしょうか?やはり腑に落ちません。

このところ新聞やニュースで、神戸製鋼所や東レなどの大手企業での品質不正疑惑の記事が溢れています。従来、日本製品は世界的にも安心できる日本クオリティが自慢だったはずです。このような背景もあって、このような疑問を持ってしまったのですが、味の素はそうあって欲しくないことを願うばかりです。