「もう業者に頼まない!」お預かり証の複写式シートを作ってみる




税理士の仕事していると、業務上必要なツールを業者に注文することが多々あります。例えば封筒、名刺、印鑑などなど。そして、それらのどれもが、業者の言い値で通っているのが実情です。つまり、「うち(業者)でしか作れないだろう」という前提で高額な値段を設定しているのでしょう。しかし、今の時代ITツールを使えば、簡単に作ることができます。私はAdobeのIllustrator(イラストレーター)というソフトを使っていろいろと業務に必要な事務所用品を作成、注文してきました。

本日のエントリでは「もう業者に頼まない!」シリーズの第一弾として、複写式シートを作ったときの経緯を解説したいと思います。複写式シートというのはお客様から何か資料等を預かった時に「確かに預かりました」という預り証です。お客様と弊事務所がそれぞれ保管することになるので複写式になります。しかし、この複写式シートがなかなか売っていません。たとえ売っていてもおそらく高いと予想されます。

 

STEP1:米村印刷さんのサイトにアクセスします。

 

STEP2:今回注文したのは、4冊(200セット) の10,800円です。A4サイズ以下2枚複写の場合(2枚複写50セット/冊)の01裏印刷なしをクリックします。
yonemura-1

 

STEP3:続いて、仕様を設定していきます。サイズはA5、糊付け位置は左、製本加工は冊単位仕上げ、ファイル穴はなしで注文しました。
yonemura-2

 

STEP4:Adobe Illustratorでのデータ作成
米村印刷さんのサイトにはテンプレートはありません。そこで、プリントパックさんのテンプレートを利用させてもらいました。プリントパックさんは封筒などを注文する時に使っています。封筒の作成については、また別エントリーで解説したいと思います。
yonemura-3

 

STEP5:注文後、村印刷さんから注文確定メールが届きます。そのメールにデータを添付して返信します。

注文後数日で届きました。このオリジナル複写式シート、実務で活躍していることは言うまでもありません。Illustratorのアウトライン作成済みのデータアウトライン前のデータ(*1)をダウンロード可能にしておきます。良ければお使いください。
【ダウンロード】
(*1)編集したいというお問い合わせがあった為、アウトライン前のデータに変更しました。
複写式お預かり証データ