NHKオンデマンドという番組配信サービスを使ってみた




IMG_0298
Nice,FRANCE

今年の正月にNHKスペシャルで「エベレスト〜世界最高峰を撮る〜」という番組を放送していました。とても感動した番組でしたが、録画するのをすっかり忘れてしまってました。もう一度見てみたいので再放送していないかとホームページなどをチェックしていました。 そこで、「NHKオンデマンド」で配信していないか確認したところ、やはり配信されていました。このサービス、結構世の中では知られているようですね。登録会員は2012年1月現在で79万人もいるのですね。

NHKオンデマンドでは、一番組当たり105円から見ることができ、 また月額945円プランというのもあるようです。今回は「エベレスト」の番組だけを見たかったので、とりあえず会員登録して210円を支払って試しに観てみることにしました。僕は光インターネットの環境で見たのですが、非常に綺麗な映像を快適に見ることが出来ました。ただ、WIAMXだとそこまで快適には見ることができませんでした。やはり、ブロードバンド環境は必須のようです。

その他にも、福山雅治さんが案内役をしている番組「ホットスポット」も配信していました。これも昨年、見たいと思っていながら見逃していた番組です。
この番組は彼が世界各地(主に途上国や未開拓地)を訪れ、自然やその地域の生き物を紹介する番組です。近いうち、是非見てみようと思っています。支払いは、カード決済のほか、Yahoo!ウォレットにも対応しているようです。
 

この配信サービスですが、事業としてみた場合おそらく赤字なのでしょうね。民間では、このようなサービスを提供するのは難しいのではないかと思います。 やはりNHKという公共放送だからこそ出来ることなのでしょうか。サービス自体は便利で素晴らしいと思いました。月額945円プランにも加入しようと検討しているのですが、通常の受信料に加えて、さらに料金を払うのはちょっと躊躇してしまいます。

ただ、このサービスはどのような人をターゲットとしているのでしょうか。見たい番組なら、予め時間を確認してその時間に番組を見ます。外出等で見ることができない場合は、DVD録画などで対応します。



NHKは、私たちの従来からのテレビとの関係性や「決まった時間に決まった番組を見る」というライフスタイルを変えようとしているのかもしれません。NHKオンデマンドを「NHKの番組をあなたの見たいときにいつでも見られるサービス」と謳っていることからもその姿勢が伺えます。便利なサービスですが、海外居住者には対応していないようです。公共放送という性格ゆえ、社会実験的な意味を持っているのかも知れません。

2012年4月からは、iphoneやipadでも視聴可能になるとのことです。便利なサービスですね。