ハイチ大地震から一年。

シェアする

 今日は1月12日です。昨年の同じ日は、あのハイチ地震が発生した日です。早いものであの大災害からもう一年が過ぎました。

まだ記憶に新しいこの大災害は20万人以上が犠牲となり、家を失った人は100万人を超えると言われています。

1年が過ぎた今でもその100万人以上の人たちが国際支援に頼りながらテント等での生活を強いられているようです。完全復興にはまだ時間がかかっているようです。

また最近では、現地でコレラ感染の蔓延という新たな災害が起きているようです。コレラ感染での死者もすでに2700人を超えていると言われています(2011年1月現在)。

こういうのを見る度に、何不自由なく暮らしていけることの幸せの大切さを思い知らされます。当たり前の日常がどれほど貴重であるのかを自覚すべきなのかもしれません。

そして、この貴重な時間を何に使うべきなのか、毎日の生活をどのように過ごすべきなのかを考えられずにはいられませんでした。

この映像は、2010年に発生したハイチ地震による被災者支援のため、「We Are The World 25 Years for Haiti」として再レコーディングが行われたものです。この再レコーディングには、

ハイチ支援の趣旨に賛同した多くの有名アーティストが参加しています。現地の写真を織り交ぜながらの映像とで、参加アーティストの真摯な気持ちが伝わってきます。

8分ほどと短い映像なので一度観られては如何でしょうか。お薦めです。


をクリックすると全画面モードでご覧になれます。


blog comments powered by Disqus