Mac会計ソフトとWEB会計ソフト

シェアする

Macで会計ソフトを使うことを検討する上で、いくつかの選択肢があります。今回は3つの選択肢を取り上げてみたいと思います。

1.BootCampを利用し、Windowsの会計ソフトを使う

会計ソフトメーカーの動作保証外です。その為、不具合が生じた場合のメーカー側の対応ができないようです。またある有名メーカーの会計ソフトでは予測不可能な挙動(文字化け等)が発生することがあるようです(サポートセンターで確認済み)。決算直前で、データがすべて飛んでしまったという最悪の状況を避けるためにも、この方法はあまり現実的でなくお勧めできないのです。同様にParallels desk TopやFusionというソフトを使うことによりMacでもWindowsのソフトを起動可能ですが、会計ソフトメーカーは動作保証はしていないので、この方法もお勧め出来ません。そのため、何か問題が発生しても「自己責任の下で行う」ことになるでしょう。

2.WEB上の会計ソフトを使う

→現在、いくつかの会社からWEB上で動作する会計ソフトサービスが提供されていますが、現在Macに対応しているWEB上の会計ソフトのサービスはありません。その理由は、インターネットエクスプローラー環境での利用が前提となっているからです。(Macではインターネットエクスプローラーは利用できませんよね。)

また、WEB上で会計ソフトを利用することのデメリットは、インストールの会計ソフトに比べて非常にコストがかかるということです。インストール型会計ソフトと比較して、約3〜5倍のコストがかかります。また、インターネットにつながった環境でしか利用できません。外出時や移動時の空いた時間に入力ということは出来ないのです。しかも、動作が非常に遅いです。例え、光回線をつかっていても、入力時には操作にストレスを感じることが多いかと思います。将来的に、WEB上の会計ソフトがMacに対応しても、このようにコストや利便性の観点からWEB上の会計ソフトをMacで利用することはお勧め出来ない方法だと考えています。

3.Macに会計ソフトをインストールして使う。

→コスト、利便性、データ管理面から考えて、一番現実的な方法だと考えています。 

当事務所では、Macの会計ソフト「A&A会計」の導入サポートを行っています。Macで会計ソフトを導入して、自社でリアルタイムに経営状況を把握したいと考えておられる方、お問い合わせお待ちしております。


blog comments powered by Disqus