「フラット35」頭金不要に…自民が改正案

シェアする

「自民党は12日、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の長期固定ローン「フラット35」について、住宅購入時の頭金を不要にする制度改正案をまとめた。

フラット35は同機構が民間金融機関と提携した最長35年の固定金利ローン。利用者が最も多い「買い取り型」は、融資の上限が建設や購入に必要な金額の90%で、数百万円の頭金が必要となる。制度改正で、住宅の購入意欲はありながら頭金を用意しにくい若年層などがローンを利用しやすくする。」 

 マンションの売れ行きが悪化していることから、景気対策として住宅取得を促す。 読売新聞より

これで少しはマンション需要も増えそうです。


blog comments powered by Disqus