古き良き時代。

シェアする

最近新規でお客様になられた会社様。

その会社はこれまで20年近く他の税理士事務所が関与されていたとのことです。

元帳を見ると確かにきっちりと記帳されておりました。 また年1回の決算時に1年間分の書類等を預けていたとのことです。

そして、決算申告期限ぎりぎりになり申告書を完成させて、しかも納税額もそのときになり初めて分かるということでした。

まあ、年1回の関与だと仕方ないところもあるのですが、なんとその税理士事務所、毎月の顧問料金を取っていました。3万円! 何もせず3万円・・・。  まだまだあるんですね、この業界の古き良き時代の名残が。  まあ、社長様はいろいろとその他にも税理士事務所に不満があり、私の事務所に変更していただくことになったわけですが、やっぱり最近こういう事例が多いですね。

幣事務所は、当然に年1回の関与だと決算料金しか頂戴しません。まあ、これが普通だと思うのですが。。。 

それにしても、この業界、事務所によってこれほどまでに仕事への取り組み方が違うんですね。

IT化にしても、その差は非常に激しいと思います。幣事務所は、IT化はかなり進んでると自負しております。 また、記帳代行も多く引き受けさせてもらっているのですが、とにかくそのやり方についても従来の方法ではなくて、何かもっとIT化で効率よくできるんじゃないかと感じています。 

とにかく既成概念に縛られない方法をどんどん取り入れる必要があると強く感じております。

もし、現在の税理士事務所に不満のある方は、初回無料でご相談を承っておりますので、一度ご面談くださいませ。


blog comments powered by Disqus